私の足汗対策

私の足汗対策 - 私はこれで足裏汗を止めました

自分が足汗がスゴイと気づいたのは大学生の時。飲み会で居酒屋のフローリングをはだしで歩いている時に、後ろにいた先輩から

 

 

○○ちゃん、足あとついてるよ!しかも、歩くと、ペッタン、ペッタンって!


 

汗だくの足の跡がフローリングにくっきり。さらに汗で濡れた足で滑って転びそうに・・・。

 

周りにいた先輩、友達は大爆笑でした。

 

死にそうに恥ずかしくて顔が真っ赤になったのを覚えています。

 

 

それまでは、それほど足汗を気にはしていませんでしたが、今考えてみると確かに汗かき?と思われるふしがありました。

 

  • 冬でも、夜、家に帰って靴を脱ぐと靴下がびしょびしょ
  •  

  • 高校生の時にはいていた学校指定の紺色のソックスは、汗染みが目立つので人前で脱げない。
  •  

  • サンダルが滑って歩きにくい
  •  

  • スリッパの湿気がこもってヌルヌルして滑るので履けない

 

でも、「みんなそんなものなんだろうなあ」と思っていました。でも、「事件」をきっかけに、そんなに足汗をかいているのは私だけなんだという事実を始めて知りました。

 

 

それからは、足汗が気になってしょうがなくなりました。

 

また人に笑われたらどうしよう。

陰で汚らしいと思われてたらどうしよう。

キモイと思われてたらどうしよう・・。

もしかして、私の足あとが「におって」、そこら中がクサくなっていたらどうしよう・・・。

 

気にし出したら、どんどんネガティブなスパイラルに入っていきました。

 

靴を脱ぐようなところを極力避けるようになり、万一靴を脱ぐ時は必ず最後に入るようにし(後ろから見られないように)、そういう時のために代えのストッキングを持ち歩くようになりました。

 

それどころか、そういう場に行くのが怖くて、あまり人の集まる場にに行かなくなりました。

 

どうしても行かなくてはいけない時は、もちろん靴下持参。引越屋さんが家に上がる前に靴下を履き替えるのと同じ・・。友人には「冷え性」と言い訳していますが・・・。

 

こうした私を見て家族は、

 

 

気にしすぎ!


 

と言います。たしかに気にしすぎて、それが原因で緊張してよけい汗が出てしまって、悪循環にはまっている気がします。

 

でも、気になるものは気になる。止められませんでした。

 

もちろん、色々な対策をしました。病院以外の方法はすべて試したと言ってもいいくらい見境なく、すがるようにやってみました。

 

残念ながら、試した方法のほとんどが、効果がないか、あっても満足できるほど止めてくれなかったり、持続しなかったり。しかし、いくつか方法は、効果がありました。中には劇的に効いたものもありました!

 

そして、今、そうした方法を組み合わせることで、なんとか、私は足汗を止めることに成功しています。

 

 

私の足汗対策2017版

 

1.代えの靴下・ストッキングを持っておく。

 

基本です。「汗を吸い取る」方法です。私の場合は、靴を脱ぐときに靴下をはきます。「足、冷え性なんだよね」と言い訳しながら。もちろん、ストッキングの予備も常に持ち歩いています。

 

メリット・デメリット

 

足がすっきりしますが、汗が止まるわけではないので、足汗を止める対策は必要です。

 

 

2.紅茶に足を浸す。

 

日本ではあまり知られていない方法ですが、欧米ではすごくポピュラーな足汗対策。私も試しましたが「そこそこ」効きます。

 

お茶に含まれるタンニンは、収れん剤のような働きを持っています。収れん剤は身体の組織をキュッと縮めてくれる作用があります。

 

そのため、オークの樹皮から抽出したタンニンは、昔からなめした皮革を引き締めるのに使われてきました。同様に、お茶を塗ると開いた汗腺を収縮させて汗を推させてくれる作用があります。

 

具体的なやり方

足を濃い目の紅茶に浸します。この時、茶葉からお茶を作ってください!ティーバッグで十分ですが、ペットボトルの紅茶では効果がありません。

 

作り方
  1. 1リットルのお湯を沸かします。
  2. お湯が湧いたら5個のティーバッグを入れて15分待ち、すごく濃い目の紅茶を作ります。
  3. それを2リットルの冷たい水をいれたおけに入れます。
  4. そこに足を毎日30分浸します。それを1週間続けます。
  5. そうするとその後2−3週間は足汗抑制効果が続きます。
  6. これを毎月繰り返します。「1週間やって3週間休む」を毎月やる感じですね。

 

足汗

 

1リットルのお湯+2リットルの水では熱すぎて汗が出る場合には水を足してくださいね。またその分紅茶が薄まってしまうのでティーバッグの量を増やしてください。

 

私の場合は、寝る前に毎日30分ほど足を浸してます。

 

メリット・デメリット

 

カンタンにできます。ティーバッグで紅茶を作るだけなので。ただ、劇的に足汗が止まった!とまではいきませんので(私はそうでした)、これ単独でやるというより、他の方法と組み合わせて行うべきものですね。

 

 

3.足汗制汗剤

 

私はスプレータイプを愛用しています。クリームタイプもありますが、塗る指が汚れる気がしてイヤでした。塗る、スティックタイプもありますが、白く足にあとが残るし、ペタペタ感もありますし、「塗り面」が足の雑菌で不潔な気がして・・(自分の足ですけど)。

 

商品は自分に合ったものなら、どれでも良いと思いますが、私は極度の足汗なので、医薬部外品の効果の確実なもの以外はダメでした。

 

普通の制汗剤では効果が持続せず、夕方にはまたぶり返してしまいます。こまめに塗ろうと思うのですが、それが大変で、しょっちゅうトイレにこもるのも変ですし。

 

 

私の使っている制汗剤

 

これに出会ったおかげで劇的に足汗コントロールが楽になりました。「足サラ」という名前の制汗スプレーです。

 

その作用は、極小のパウダーが汗に吸着して汗腺から汗を出さないようにするもの。それだけに汗を止める効果は確実です。

 

朝出かける前にシュッとスプレーすれば、1日中!とは言いませんが夕方頃までは足汗がまったく!気にならなくなります。

 

さらに!殺菌成分が含まれているので、においのもととなる雑菌の繁殖を抑えてくれるのもうれしいです。レインブーツなど夏でも湿気のこもりやすい靴を履くことがありますのでそんな時でも安心して人前で靴を脱げます。

 

効果が強力なだけに、お肌への影響が心配ですが、着色料や人工的な添加物などお肌に悪いものは一切配合されていないので安心です。それに、「国産」です。

 

足汗

 

メリット・デメリット

 

先ほどから説明している通り、強力に足汗を止めてくれます。クリームやスティックタイプに比べて塗りやすいのも◎。

 

一方、デメリットはお値段が少々お高いこと。1か月分のスプレーで、定価5,980円。定期便にすると3,480円にまで値引きしてもらえますが、それでも薬局の制汗剤よりは高いです。

 

私は、これで人前で靴を脱ぐことがまったく気にならなくなったし、そのおかげで、今まで避けてきた飲み会や友人の家での女子会などなど、にも積極的になれたので、十分その価値はありました。

 

足汗

 

 

 

 

公式サイト

(なお、頻繁に品切れしてます。もっと作っておいてよ!とも思いますけど、あしからずご了承ください)

 

<自己紹介>
アバター

 

スミちゃん、27才OL。
今年はサンダルを履きまくる予定。

関連記事

  • 足の臭い対策
  • 手汗を止める
  • 顔汗を止める
  • 脇汗を止める
  • ワキガ対策